β-カロテン豊富な春菊で肌荒れ・風邪予防

春菊は、肌荒れや風邪の予防に役立つお野菜です。理由はβカロテンの豊富さにあり、ホウレンソウや小松菜よりも効率よく摂取できるところです。実は、これが不足すると、抵抗力が弱まり、体調を崩しやすいのですが、なんと、ひと束で一日に必要とされる摂取量をとることができるのです。
なお、その吸収率が高まると言われている「油」との相性を考慮するのが推奨される調理方法。油ものと一緒に食べると聞くと、カロリーが気になりそうですが、ドレッシングを用いてサラダにするだけでも手軽に吸収率を高めることができます。
ちなみに、食材の栄養素は、出荷から小売店に到着する間に含有量が変動するものもあります。しかし春菊に関しては、お店に並んだ時点でも栄養素の含有量が高いことも特徴です。なお、新鮮なものを選ぶのも栄養をたっぷりとるテクニックとなるため、葉の緑につやがありみずみずしく、キレイな濃いものがベスト。パサパサしていたり、黄ばみや黒ずみが目につくものは、いくら安値でも避けることが賢明です。なお、見た目や触覚だけではなく、購入の際は、嗅覚も利用すると確実。香りは鮮度のバロメーターなので、強いものが推奨されます。それは強ければ強いほど新鮮です。

肌荒れ撃退!カラダの中から綺麗になるジュース

肌荒れに悩んでスキンケアを徹底したり、病院で治療を受けたりしたものの、思うような効果が得られないというケースは少なくありません。
こうした頑固な肌トラブルは、実は食生活が大きな影響を与えている場合がほとんどです。
悪い食生活を続けていると、消化吸収の要である腸内環境が悪化します。
腸内環境が悪くなると体内の毒素が蓄積されるため、それが肌へも影響するのです。
このようなことが原因で起こっている肌トラブルは、カラダの外側からどれだけケアをしても効果を実感しづらくなります。
そこで頑固な肌トラブルを解消するためには、カラダの中を綺麗にするケアをしていくことが重要となるのです。
ただ食生活を急に変えることが難しいという場合もあるはずです。そんな時におすすめなのがジュースです。
カラダの中を綺麗にするジュースのレシピは様々ありますが、基本となるのが小松菜やホウレン草といった葉野菜、みかんやレモンといった柑橘系フルーツ、バナナやリンゴといった甘味系フルーツに水1カップの組み合わせです。この組み合わせに旬の果物などを加えるとよいでしょう。
今は自宅でもこうしたジュースをつくるのに適した低速ジューサーなども販売されていますので、食事の代わりに一杯のジュースを飲んでカラダの内側からケアをしていくことを心掛けると、頑固な肌トラブルを解消することが出来るはずです。

本当に肌荒れに効く食べ物

本当に肌荒れにサポートとなる食材として、良質なタンパク質の摂取が挙げられます。コンディションの不調を感じたら、大豆を食事に取り入れるようにしましょう。大豆のタンパク質というのは、皮膚の角質層に存在するセラミドの量を、増量させる作用があります。セラミドは美容には欠かせない成分です。大豆のタンパク質を摂取することで、美しい皮膚へと導く作用が働きます。

ビタミンB2の栄養素を含む食材もオススメです。皮膚における新陳代謝を促進させる作用があります。細胞の再生も促しますから、食事にプラスしてみましょう。具体的な食材としては、レバーやうなぎなどもよいでしょう。卵の卵黄も効果的ですし、アスパラなども食べたい食材です。

絶対に欠かせない栄養成分として、ビタミンCも栄養素もあります。ビタミンCを豊富に含んでいる、いちごやキウイフルーツなどは、おやつに食べるとよいでしょう。甘い砂糖をたっぷりと使ったお菓子も食べるよりも、ビタミンたっぷりのフルーツを食べたほうが、皮膚にとってもメリットになります。活性酸素を体内で減らしてくれるのがビタミンCですから、アンチエイジングとしても摂取したい栄養成分です。カボチャにはビタミンEが豊富であり、これも食べたい食品です。

肌荒れ救済スープのススメ

肌荒れを起こした時には、スキンケアだけでは解決しないことがあります。それはない面でのSOSを見逃しているためです。肌の美しさは、内側の健康状態も表します。肌は腸内環境のうつし鏡のような部分があります。肌のコンディションがよくないときには、体の内側をキレイにしていくことに関心を持つことです。

救済となるのが野菜などの栄養成分であり、日々の食生活にも取り入れたい食材です。ですが、サラダではカサがあるため、あまり量も食べられません。すぐに食べたくても、サラダは最初から作ってストックができません。すぐに野菜が食べられて、ストックもできる、肌のコンディションをよくする食べ方として、スープにするのは優秀です。野菜類の栄養成分も汁に溶け込むので、まるごと野菜をいただくことができます。

肌をキレイにしてくためには、食事から摂取する栄養は必須のものです。腸内環境を良いものにしていけば、素肌はキレイになっていくことが多いです。食物繊維を豊富に含む食材を、たっぷりと入れて仕上げましょう。ゴボウや玉ねぎ、さつまいもなどにも食物繊維は豊富ですから、具材として加えてみると良いです。温めて食べるので、体の芯からポカポカしますし、血行も良くなります。

肌荒れに効く!おいしいスムージー

スムージーが健康や美容、ダイエットに効果があると注目されています。基本的に野菜や果物を水と一緒にミキサーにかけた飲み物ですが、もっと摂取しやすいように、最近では水に溶かすだけでスムージーが出来上がる、粉末タイプも人気になっています。ドリンク状になっていることで、体内に吸収しやすく大切な栄養素を摂取しやすいところがメリットです。

スムージーが人気の理由は、野菜や果物に含まれる成分が体に良い効果をもたらすからです。例えば、生活習慣の乱れなどが原因で起こるニキビや吹き出物などは、野菜に多く含まれるビタミン類やミネラルの他、トマトに多く含まれることで知られるリコピンは抗酸化作用や美白効果もあるため、肌の調子を整えるのに良いと考えられています。また、野菜や果物には多くの食物繊維が含まれています。これは便秘の解消に役立ちます。腸の調子が悪いとニキビが発生する悪影響が出ます。便秘を解消することで、ニキビの解消やストレスやむくみの解消にも効くといわれています。

普段の食事では大量の野菜を摂取することは難しいですが、ドリンク状になっていることでたくさんの野菜や果物を摂りやすくなります。スムージーは作る材料で栄養素の内容が異なってくるので、自分の悩みを解消してくれる栄養素の入った食品で作ることがおすすめです。

花粉で肌荒れしたときのメイク

花粉で肌があれた時に化粧をしない人がいますが逆効果になってしまいます。アレルギーがひどくても最低限のメイクでトラブルを極力抑えることができます。

アレルギーの症状に鼻水、鼻づまり、くしゃみ、痒み、化粧ノリが悪いなどがあります。目の周辺や鼻の下あたりに湿疹が起こることもあります。その時期になると鼻や目をこすることが多くその摩擦で皮膚にダメージを引き起こしたりします。それで肌トラブルがあるとメイクしない方が荒れを悪化させないと考えるかもしれませんが、最低限のものだけはメイクするようにしたほうが保護になります。

紫外線からの影響やアレルギー物質、ホコリなどが直接皮膚に付着すると荒れを引き起こしてしまいます。ですので、アレルギー物質が直接皮膚につかないようにするために、日焼け止めとパウダーファンデーションぐらいは最低限行うようにすることで皮膚を保護することができます。

また、アレルギー症状がある時には皮膚のバリア機能が低下していることが多いので、皮膚に負担が少ないクレンジングで洗うようにしたり、外出から帰ったらすぐにアレルギー物質を落とすことや、洗顔をしたら刺激の少ない化粧水で保湿するように心がけることも肝要です。

ビタミンB2不足の肌荒れ

美容に力を入れている、またそうでない人であっても、肌荒れが気になってしまう人は多くいるでしょう。そこで気にしておきたいのが、食生活です。食生活を改善するが肌荒れ対策の一つになるもので、手軽にできるため、やっておいて損はないでしょう。
ちなみに、その中で気にしておくと良いのが、ビタミンB2不足による肌荒れです。肉類や魚類、乳製品など、さまざまな食材に含まれていますから、バランスの良い食事を行いながら摂取することができるのが良いところです。
例えば、肉類だと肝臓に含まれています。肝臓は苦手な人が多い食材ですから、そういった人の場合には、魚の方に意識を向けて、ぶりやまいわしを食べると良いでしょう。なお、高級食材であるうなぎやいくらも該当しますし、たらこや魚肉ソーセージも該当しますから、おにぎりにしたり、料理に上手く使って積極的に摂取すると良いでしょう。
ちなみに、鶏卵の他、うずらの卵も該当する食材ですから、魚肉ソーセージなどと合わせて、色彩豊かなお弁当を作ることもできて、楽しみながら肌荒れ対策をすることもできます。
このように、単に含まれている食材を摂取しようとするのではなく、楽しく食べられるようにしていくことで、長続きもしやすくなるものです。

栄養不足が原因の肌荒れ

夏は紫外線も強く、何かと肌へのケアが必要な季節です。肌荒れや敏感肌、ニキビ等の悩みを抱えている人の中には多くのケア用品を欠かさず利用している人が大勢います。ケア用品は個々に応じた商品を適切な方法で利用すればそれなりに効果が期待できます。しかし中には高額な商品でも肌に合わずに、無駄な出費になってしまう事もあります。大切なお肌のケアはケア用品だけでなく、しっかりとした栄養管理をする事が必要です。食材やサプリメントから不足しがちものを補う事で基礎代謝率が向上し、毛穴に溜まる老廃物を排泄する事ができます。特にビタミンB群とそれをサポートするナイアシンの積極的な摂取が効果を促す事が知られています。不足させる原因は様々ですが、その一つに生活習慣の乱れがあります。暴飲暴食を継続する事で体の多くの機能は低下して行きます。更に計画性の無いダイエットもお肌への影響が大きいです。断食等の食事制限を行う事は極力避けた方が無難です。サプリメントを利用する場合はサプリメントアドバイザー等の専門家からの指導を受ける事で最適な商品を選択できます。費用はかかりますが、食材の買出しや調理の手間を考えれば高い買い物ではないです。

ストレスがたまると肌荒れする理由

ストレスがたまると肌が荒れてしまう理由は、肌を作るために必要な栄養素が消費されてしまうことと、自律神経が乱れてしまうことにより、睡眠の質が低下してしまうからです。これらにより、徐々に肌の質が低下してしまい、肌が荒れてしまうことになります。
不安やイライラを抱えてしまうと、神経が興奮してしまいます。その神経を静めるために、体は栄養素を消費してしまうのです。その時に消費されてしまうのが、肌にとって必要なビタミンCです。ビタミンCが消費されてしまうと、肌の炎症を上手く収めることができなくなってしまい、どんどん肌が荒れてしまうことになります。
これによりどんどん栄養素が消費されてしまうことになると、自律神経が乱れてしまうことになります。自律神経は交感神経と副交感神経の切り替わりを司るスイッチのような役割をします。これが乱れてしまうと、睡眠の質が大幅に低下してしまうことになります。睡眠中には、肌の細胞を回復させるために、成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは睡眠中に一番多く分泌されるために、睡眠の質が低下してしまうと、肌を回復させるタイミングが失ってしまうのです。なので肌が荒れてしまうことになります。

肌荒れになった時の気分解消テク

お肌にトラブルがあると気分も落ち込みがちなものですが、ストレスは禁物。ストレスが原因になって、次なるトラブルを招くこともあります。仕事や人間関係など、ただでさえストレスの多い日々ですから、上手に気分を変えてストレスをためない生活を心がけましょう。
例えば、自然の植物の香りで心や身体を癒すアロマテラピーもそのひとつ。専門店に行けばさまざまな香りが試せますので、まずは自分の好きな香りを見つけてみましょう。美容効果が高まるフランキンセンスやネロリなどの精油や、リラックス作用があるラベンダーやカモミールなどの精油を使ったアロマバスにつかるのも良いですし、1日の終わりには上質な睡眠をとるための寝室での芳香浴もおすすめです。携帯できる香りのスプレーを作っておけば、外出先でも好きな香りを楽しめて便利です。いろいろ活用してみましょう。
もし時間があれば、少し遠出をして温泉でゆっくりリラックスするのもおすすめです。出かけること自体でリフレッシュできますし、温泉の効果がスキンケアにもつながります。ご当地の美味しいお料理を楽しむのも良いですし、素敵な景色を眺めるのも良いでしょう。気がつけば落ち込みはどこかに消えてしまいそうですね。ピアノ02

次のページ »