ランニングで注意したい突然のダッシュ

ダイエットを行う際にランニングを行う場合に、気をつけなければならないことは、心拍数です。効率良く体脂肪を減少させるためには、脂肪をエネルギーとして使用しやすい心拍数を維持し続けることが必要になりますそのためには、走るペースに注意が必要になります。
人間の体は、ATPと呼ばれる物質をエネルギーとして消費します。ATPは運動強度により、作りだすために使用される物質が変わるのです。ごくわずかの時間で力を発揮する場合にはクレアチンリン酸、30秒ほどの時間重い重量を持ち上げる場合には糖、長時間行うことができる運動は脂肪、というようにATPは運動強度において、優先的に消費される物質が変わってくるのです。
体脂肪を減らすためには、脂肪を優先的に使用されなければなりません。優先的に使用される心拍数は、最大心拍数の約七割です。この心拍数でランニングを行うと、きつすぎず軽すぎないペースで走り続けることが可能になります。
ランニングで注意をしなければならないことは、ダッシュです。あまりにもペースを早くしてしまうと、体内にある糖質を利用してエネルギーを作り始めます。同じ距離をランニングするのならば、ダッシュを入れても良いのですが、ダッシュを行ったせいで走る距離が短くなってしまうと、体脂肪の減少量が減ってしまうのです。

筋トレ後に行う有酸素運動のメリット

ダイエットを行う時、有酸素運動と筋トレは順番を間違えると脂肪燃焼の効率が悪くなってしまいます。
脂肪を燃やすために行うのが有酸素運動で、最初の20分ほどは糖質を、それ以降は脂質をエネルギーとして消費していきます。筋肉をつけるために行うのが筋トレで、成長ホルモンを分泌させる効果があり、成長ホルモンには脂肪を燃焼させる効果がります。また、体脂肪を分解する役割があるアドレナリンも分泌された上、筋トレ後は48時間代謝が上がるという研究データも発表されています。
ダイエットを行うには脂肪を燃焼しなければなりません。筋トレ自体は脂肪を燃焼しないのですが、先に行うことによって糖分を消費しながら成長ホルモンを分泌させます。しかし、体脂肪は分解されただけではダイエット効果はありません。分解された脂肪燃焼が行われてこそ、ダイエットの効果があるのです。その分解されて血中ですぐにでも利用できる状態になっている脂肪を有酸素運動で燃やすのです。
注意点としては、トレーニングの時間が長すぎると筋肉が分解されすぎてしまいます。全て合わせて1時間~2時間で終わるように調整をしましょう。また、エネルギー不足の状態で運動をすると筋肉が分解されてしまうので、トレーニング中にスポーツドリンクを飲むなどするのも効果的です。

基礎代謝を高める!大きな筋肉から鍛えるメリット

基礎代謝とは何もしなくても人が消費するエネルギーのことで、1日のエネルギー消費のうちで60パーセント以上を占めていると言われます。成長期をすぎると基礎代謝が減っていきますが、これは筋肉が減っていっているわけではなく成長ホルモンの分泌が減っていくために痩せにくくなるのです。成長ホルモンは大人になるにつれ減っていきますが、大人になってからも分泌され続けています。運動をすると筋肉が破壊され、再生するために成長ホルモンが分泌されますので、運動をすることで痩せやすい体にすることができます。基礎代謝を上げるには筋トレが有効ですが、大きな筋肉を鍛えることが代謝を上げるポイントになります。大きな筋肉とは文字通り表面積の大きな筋肉のことで大腿筋などが代表的な筋肉になります。大腿筋を空き時間に少しずつ鍛えることで効果的に代謝を上げることができるようになります。筋トレをするとなると太くなるというイメージを持つ方もいると思いますが、代謝を高めたり成長ホルモンを分泌させたりするためにある程度の筋肉があったほうが痩せやすくなるのです。代謝が良くなると新陳代謝がアップし、全身の細胞を若返らせることができるので、積極的に鍛えるようにしてみてはいかがでしょう。

全身の筋肉をバランスよく鍛えるメソッド

身体の見た目はどこかが発達しすぎていたり痩せすぎていたりと気につが取れていない全身の見た目としてバランスが悪くなってしまいます。それを改善するためにどこを鍛えると整ったボディラインを形成することが可能なのかを知ったうえでトレーニングを行うことが大切です。全身の見た目を整えるうえで重要な部位の一つに腹部があります。いくら手足が筋肉隆々としていたり、細くきれいな状態となっていても、腹部が痩せすぎていたり太っていると見た目が悪くなってしまいます。そのため、腹部周囲をしっかりと鍛えたうえで他の気になる部分を鍛えていくことが大切です。
腹部を鍛えるメゾットとして、一番良いのが腹筋です。しかしする際の注意点として、反動をつけてしまうと腹筋を集中的に鍛えることは出来なくなってしまいます。そのため、反動は付け酢に一回一回をゆっくりと行うことが大切です。また回数に関しても何百回と行えば腹筋が鍛えられるわけではなく、かえって腰を痛めてしまう可能性もあります。そのため、少ない回数でも負荷をしっかりとかけて行うことが大切です。また側筋・背筋に関しても同じことが言えます。筋肉を鍛えるうえで重要なことは鍛えた後に全身バランスのとれた見た目に仕上がっているかを忘れずに行うことです。

体脂肪を減らしつつ筋肉を増やす効率的な方法

スッキリと引き締まった筋肉質の体にあこがれる人は、男女を問わず幅広い世代に大勢いるでしょう。肥満体型では見た目が悪いだけでなく、生活習慣病の原因になってしまう心配がありますし、だからと言って痩せすぎていては貧弱に見えてしまいます。そんなあこがれの体型を実現するためには、ただ単にダイエットをして体を絞るだけではいけません。体脂肪を減らしつつ筋肉を増やすことが肝心なのです。そのための効率的な方法としてまず挙げられるのは、毎日の食事を工夫すると言うことです。食事から取り入れる栄養素によって人間の体の状態は大きく変化するので、目的に応じた栄養素を積極的に取り、逆に邪魔になるものをできるだけ取らないことが大事で、低カロリー高タンパクを心がけるようにするのです。具体的には肉類、魚介類、大豆、乳製品といった食品がタンパク質を多く含んでいるのですが、それだけでは筋肉を作るのに十分でない場合もあるので、副次的にプロテインドリンクを取ることを考えても良いでしょう。また脂肪を体に溜めないためにはお米やパンなどの炭水化物をできるだけ減らすというのも効果的です。そういった食事を心がけると共に、脂肪を燃焼させるための有酸素運動と、筋肉量をアップさせる筋トレを組み合わせるのが効果的です。

脂肪と筋肉の関係性

人体を構成する組織の中に筋肉と脂肪があります。それぞれは神経や内臓などを保護する働きがあり、どちらも大切な組織です。しかし筋量が多い分には問題がありませんが、脂肪が多い分には生活習慣病や生活習慣の乱れなど様々な弊害を生じかねません。また見た目で判断できる場合もあれば判断できないようなわかりにくい場合もあります。そのため、筋肉と脂肪の関係性を把握しておく必要があります。
脂肪は筋肉の上に乗るような形で存在しており、痩せることで見た目も良くなってきます。しかし太るほどに体積も大きくなるため見た目としては悪くなってしまいます。また脂肪はエネルギー消費に伴い燃焼されるので、鍛えたり運動して積極的に金活動を行うと自然と痩せていきます。また二つの質量に関して、重さの比重として筋肉の方が重い組織となっています。そのため、運動して体重が増えてもそれは筋量が増加したことで体重自体も増えたという結果になります。この関係性を知っておかないと体重の増減が何によって起こっているのかを分析することが出来ないため、痩せる方向に向かっているのに過度なダイエットをしてしまうといった事態にも繋がりかねません。そのため、二つの関係性を把握しておくことが大切です。

筋トレ後のストレッチが大切なワケ

筋トレとは筋肉の出力や持久力の維持向上、筋肥大を目的とした運動です。行なうことによって神経が発達して大きな力を発揮できるようになり、さまざまな動作のコントロールができるようになる、筋力が弱ってる部分に行なうことで体のバランスが整い、体が引き締まります。
筋トレをすると筋肉が緊張している状態です。そんな硬くなった筋肉を柔らかくするためにも筋トレ後にストレッチをすることは大切です。
具体的な理由としては、後日の筋肉痛を起こりにくくすることと筋肉の回復を早くするために行なうのです。
また、筋トレをする前にはストレッチによって怪我を防ぐ効果があるため必ず行なうことをおすすめします。
筋トレは緊張や収縮させて筋肉を強化するためにするのに対し、ストレッチは伸張させて弛緩することで筋肉をケアすることです。
体重を落とす、代謝を向上させる、筋力を強くしたり、持久力をつけたいと言う場合には目的に合った筋トレやストレッチを行なっていくことが効果的となります。
どちらにしろ無理をすると筋肉や腱を痛めたりする可能性もあるため無理は禁物です。筋肉や柔軟性をつけていくことができるようになるためには、長期的に継続して行なっていくことが大切となるのです。

筋トレ初心者が注意したいこと

ダイエットに効果的な適度な運動として、初心者でも取り組みやすい筋トレがおすすめです。
筋トレは部分的にも全体的にも筋肉をつける効果があり、ダイエットを行っている時でも効果を実感しやすく、やりがいを持つことが出来るというメリットもあります。
ただ初心者にありがちなのが、無理にいきなり筋トレを行いすぎて、首や腰を痛めることがあるということです。
どこかを痛めてしまっている時はなるべく無理な運動をせず、時には休みながら行うということが重要です。
ダイエット目的で始めてもどこかを痛めてしまうようなことになると、やる気にも繋がらなくなってしまうので、何事もほどほどに行うことが効果的です。
首や腰を痛めないためには、無理な姿勢をしないことが効果的で、たとえば腹筋なら背中を丸めすぎないなどと注意をするだけでも、違います。
初心者はつい無理をして、痛めやすい首にも無理な力がかかってしまいがちになるので、まず初めは回数を少なく行ったり、簡単な運動で出来るような所から始めることをおすすめします。
徐々に身体が慣れていくと次第に筋肉もついて、身体への負担も少なくなるため、少しずつ筋トレの回数を増やしていき、その効果は確実に現れてきます。

筋肉痛になる理由

筋肉をつけるために筋トレを始めたけれど筋肉痛になってイヤになってしまった、と言う経験をする人は多くいると思われます。
筋肉痛が起こる理由としては、疲労物質である乳酸菌が筋肉に蓄積される、普段動かしていない筋肉を急に使ったりすることによって筋肉を構成する筋繊維やその周辺の組織にダメージを受けて炎症を起こした状態になっているなどが考えられます。
このような筋肉の痛みを早く治すためには、筋肉を使った後はその使った部分を軽く揉み解したり、マッサージを行なうことによって血液循環を良くする、運動後に軽い運動を行なって血流を促進させるクールダウンを行なう、ストレッチで筋肉の緊張を取り除き、痛みがあれば炎症を起こしているため冷湿布を使って炎症を抑え、関節痛や腰痛などの慢性的な痛みには温湿布で温めると効果的です。シャワーを浴びる時も、冷やして血流を抑えて痛みを軽減させ、お風呂に入って血行を良くすることで疲労を緩和することができます。
また、ビタミンB1は疲労回復に効果があり、疲労物質である乳酸を溜めないためにはクエン酸が有効です。筋肉を補修するためにはたんぱく質を意識して摂取することも良いとされています。
筋肉を修復するには食べ物のほかしっかり睡眠をとることも重要です。

筋トレダイエットで痩せやすい身体に

フルーツ01ダイエットで筋トレを行うことが重要であるのは、体脂肪を燃焼させやすいからです。身体を構成する要素には、筋肉と脂肪があります。体重が変動する要素の多くは、水分を除くと筋肉と脂肪であるため、体重を減らすということは、これらのうちどちらか、あるいは両方を減らすことを意味します。
筋トレによるダイエット方法においては、体重はそれほど減少させることはできません。その理由としては、体脂肪を減らすほどのカロリーの消費を運動中に起こすことは難しいからです。また、筋肉をつけることは体重の増加につながります。しかしそれでも筋トレを行うメリットは、これらの要素を上回るほどなのです。
同じ体重で会ったとしても、筋肉の割合が多い場合と少ない場合とではスタイルが大きく変わります。筋肉がある場合には、メリハリのある体となりますが、筋肉が無い場合には痩せていたとしてもたるんだ体になってしまうのです。
同じ体重でも筋肉がある方がスタイルが良く、また筋肉がつけば付くほど、基礎代謝や運動代謝を増やすことができるため、消費カロリーが増えます。なので体重を落とそうと思うのならば、筋肉をつけてからでも遅くは無く、また痩せた後の体型を維持するのも筋トレが容易なのです。