セルフで:脱毛・自己処理について

ムダ毛を処理する方法は色々とありますが、手軽に出来て費用も安くて済む方法が自己処理をするという物です。
セルフで行う事になるので、わざわざサロンに行く必要もなく、とても手軽です。
ただ、実際には手軽に処理ができる反面、毛周期を気にせずに処理してしまったり、力加減を誤ってしまう事も珍しくありません。
さらに施術後に保湿をしっかりと行わないで済ませてしまう事もあり、人によっては肌トラブルの原因となる場合もあります。

したがって、自己処理を綺麗に行う為には、まずは正しい方法を知る事が重要です。
また施術後の肌はとても敏感になっていて、少しの刺激によってトラブルが起きてしまう事も少なくないので、施術した当日や翌日はしっかりと保湿する様にします。
また少し刺激を感じるとか、いつもと違う感じがするという場合は無理に続けずに肌を休める事も重要です。

セルフで行うので調整がしやすいというのが大きなメリットですが、実際にはセルフだからこそ無理をしてしまう人も少なくありません。
出来るだけ正しく処理する為にも、肌に負担をかけにくい方法を知る事と、それを実行する事を心掛けておきましょう。
そうすればムダ毛を綺麗に処理しつつ、肌トラブルを防ぐ事も可能です。

ピンセット:脱毛中に毛穴を目立たなくする方法

脱毛中に毛穴が目立たない方法として、自己処理とスキンケアにかかってきます。ピンセットで、ムダ毛の自己堀をすると、余計に目立つようになるので控えるべきでしょう。無理にムダ毛を引き抜くのは、肌にとっても負担になります。雑菌などで炎症を起こすこともありますし、そうなれば肌荒れにもつながります。肌はマイナス方向に目立つことになるので、脱毛前の自己処理は、電気シェーバーなどでソフトに行うのがベストです。自己処理に使い捨てカミソリを使う場合は、新しいものを使い、清潔な状態で保管をしましょう。何回も使いまわしていると、刃の部分もボロボロになって肌に傷をつけてしまいます。カミソリよりも、フェイス用小型シェーバーを利用したほうが、肌負担は少なくて済みます。ムダ毛の自己処理は、乾燥下肌に直接ではなく、クリームなどを使うことです。シェービングをしたあとも、クリームなどで肌を柔らかくしましょう。毛穴を目立たなくするために、脱毛中はいつもよりも丁寧に、肌の保湿のお手入れをしてあげることです。保湿をしてうるおいのある素肌は、キメも整いキレイになります。クリームも使いますが、まずは化粧水でたっぷりの保湿を心がけるkとです。

失敗:脱毛中の普段の肌ケアについて

脱毛はエステや医療機関などにお願いしてやってもらう事が多いですが、自宅で行うのとは違って時間が掛かります。
これは新しく無駄毛が生えてくるのを抑えるための方法であり、継続して少しずつ脱毛していくことで効果が高くなります。
継続期間や頻度はサロンによっても多少の違いがありますが、1回目の脱毛から2回目までは1ヶ月ほど空くのが一般的です。
この期間は自宅で肌ケアをする必要があります。
普段のケアでは化粧水、乳液、クリームといった一般的なスキンケアアイテムを使用しているという人がほとんどですが、脱毛期間中はより保湿力を上げるものを使うとよいでしょう。
脱毛した部分が乾燥してしまうと、赤みが強くなったりかぶれたりする事があります。
そうなると脱毛が失敗に終わってしまう可能性もありますし、せっかくきれいになるためにやっているのに意味がなくなってしまいます。
いつも以上に保湿をきらさないように努力しましょう。
しかし保湿と湿りは少し違います。
汗が出てその水分をそのままにしておくと、確かに乾燥は防げるかもしれませんが、衛生的なトラブルの原因となってしまいます。
常に清潔な状態で、程よい水分を保っておく事にポイントを置いて意識したケアを行っていきましょう。

傷:脱毛・毛周期について

脱毛サロンなどで脱毛をする場合、毛周期に合わせて施術をする必要があります。
毛周期は、成長期、退行期、休止期の段階があり、新旧交代を繰り返しています。

医療レーザーや、光脱毛で処理できるのは、成長期の毛と退行期の毛の一部だけです。
休止期に貼っている全体の3分の2程度の毛は、成長期にならないと施術をしても脱毛の効果がありません。
そのため、一回だけではムダ毛を完全になくすことは出来ません。

完全にムダ毛を無くすには、複数回にわたって徐々に減らしていきます。
毛の周期は、部位によって異なっています。

例えば、髪の毛は成長期は1日に0.3㎜から0.4mm伸びて、約4ヶ月で生え変わります。
眉毛やまつげは、1日に約0.18mm伸びて約2ヶ月で生え変わります。

脱毛の部位で人気高いワキは、1日に約0.3mm伸びて、生え変わるまで約4ヶ月です。
ビキニラインは、1日に約0.2mm伸び、同じく約4ヶ月かかります。

手と脚は、1日に0.2~0.4mm伸び、成長期は3ヶ月から5ヶ月ほどです。

体の部位によって生えかわるサイクルも違い、毛の長さや固さも異なります。
また、脱毛する部位に傷などがあると、やはりサイクルが変ってきます。

 

 

 

リスク:脱毛の基礎知識まとめ!

脱毛サロンで脱毛をする前に知っておきたいことの一つに、リスクがあります。

一番のリスクが、脱毛に時間とお金がかかることです。
完全に脱毛をするためには、1回の施術で終わりません。
毛のサイクルに合わせて、最低でも2年ぐらいは通う必要があり、時間とお金がかかります。

また、デメリットまでとは言えませんが、毛が本当に生えてこなくなります。
これは、必要な部位まで脱毛をしてしまい、後から生やそうとしても生えなくなるので、予めどこを脱毛をするかを考えておくことが大切です。

他にも、脱毛を行っている期間は日焼けが出来ません。
光脱毛は、黒いものに光を集めて脱毛をするので、肌が黒いと効果が出にくくなります。
日焼けが酷いと脱毛が出来ないこともあるので、注意が必要です。

ワキ脱毛の場合、汗が多くなったと感じることもあります。
毛が減るので肌が摩擦されやすくなって、そのような感覚を感じるためだといわれています。
ただ、毛がなくなると細菌は繁殖しにくくなるので、ワキの臭いは減ります。

更に、毛を無くすと乾燥肌になる可能性もあります。
皮脂は毛穴の中にある皮脂腺から出ていて、皮膚を潤す天然のクリームですが、毛があるときは皮脂が毛を伝い肌に行きわたりやすくなっています。
毛が無くなると、皮脂が皮膚に伝わりにくくなり、乾燥肌になりやすくなります。

 

 

回数、何が適切?夏までに脱毛できますか?春における準備

夏は肌を見せる季節ですね。毎日の毛の処理は肌にもダメージがあるので出来るだけ避けたいけど処理をしなければ毛がは生えて恥ずかしい思いをしてしまいます。やっぱり脱毛をすると毛の処理からは開放されて肌のダメージも受けなくてよくなります。
夏までにと考えている人は早めに脱毛を始めたほうがよいでしょう。脱毛で毛が無くなるまでする回数は5回程度だとされています。なんだ5回でいいんだと思っているかもしれませんが、通う期間としては最低1年半から2年半だとされています。なぜこんなに時間が必要なのかというと、毛の周期が関わってくるからです。脱毛に適している毛である成長期と呼ばれる時期の毛は2ヶ月から3ヶ月のサイクルで変わります。なので脱毛できるのも2ヶ月から3ヶ月に1度という頻度になるわけです。
脱毛を始めるには冬が適しているといわれていますが、仮に夏までにと考えているのならば冬から始めるのがいいでしょう。夏までには3回から4回は出来るでしょう。
春における準備としては特にありませんが、春から始めようと思う人は脱毛する場所を選んだりするのがいいでしょう。病院、クリニック、エステサロンと脱毛する場所はたくさんあります。自分に合った場所を見つけることから始めましょう。

待ち疲れ?全身脱毛にかかる期間について

少し前まで、全身脱毛といえば、とても高いもので、興味があっても始める事が出来ないと考える人は少なくありませんでした。
ですが、月額制の登場等により、現在は、30万円前後の予算で施術を始める事が可能となってきています。
そんな脱毛の施術にかかる時間は、施術の方法によって変わります。
月額制の場合、全身を1/4ずつ、もしくは1/2ずつ施術を行っていく事になります。
全身を分けて施術をする事で、1回の施術時間は1時間程度となります。
それに対して、全身を一度に脱毛をしていく場合、2時間から3時間程度となります。
ただ、施術を行う時のスタッフの人数によって、施術時間は変わってきます。
複数のスタッフで施術を行う場合、それだけ施術時間は短くなる事になりますが、月額制の場合1時間程度、一気に施術を行う場合は2時間程度、施術完了を待つ状態となります。
更に、脱毛サロンの場合、2ヶ月に1回程度のペースの施術を18回程度繰り返す事で、ムダ毛が生えてこない肌へと変えていきます。
ですから、脱毛が完了するまで、3年程度の期間を考えておく必要があります。
全身脱毛をしたいと考えたら、施術にかかる時間や期間も意識しておく事が大切です。

知っておきたい注意点!エステサロンと医療脱毛との違いをレクチャー

専門機関での脱毛は、自己処理よりもきれいに脱毛できるというメリットがありますが、施術する場所によって効果や方法が異なるので注意が必要です。

専門機関でできる脱毛として、エステサロン脱毛と医療脱毛がよく比較されます。主流となっている光脱毛とレーザー脱毛は、原理は似ているのですが、脱毛効果、機器のパワーが異なります。医療脱毛で使用されるレーザー脱毛は、医療機関でのみ使用できます。威力も強く、高い効果が得られる、医師がいるので万が一の時に安心である、といったメリットがある反面、痛みを強く感じることがあり、費用も高めです。エステサロン脱毛の場合は、痛みが少ない、費用も安くなる傾向がありますが、機器の威力がレーザーより弱いため、満足できる脱毛状態になるまで、長い期間がかかるというのがデメリットとなっています。

ただ、脱毛への満足度は個人差があります。産毛のような薄い毛になれば完了だという人もいれば、全く無毛な状態にしたいという人もいます。その満足度によって施術期間やかかる費用は異なってきます。エステサロン脱毛と医療脱毛の違い、メリットとデメリットをよく理解して、満足のいく効果が得られる施術場所を選ぶことが大切です。

痛みはあるの?なんと露出が減る秋がオススメです

脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛をするなら、露出も少なくなる秋の季節がオススメです。脱毛は日焼けをしてはいけないので、真夏に始めてしまうと、日焼けしやすくなって適した時期とは言えないのです。しかし少し待てば涼しくなって気温も下がり、日差しも弱くなるシーズン到来ですから、脱毛には絶好のスタートのチャンスです。そんな脱毛ですが、どこでお手入れをするのかによっても、感じる痛みは違ってきます。また、どの部位をお手入れするかによっても、施術時に感じる刺激には差が出てきます。できるだけ痛くはない脱毛をしたいなら、エステサロンでの光脱毛は向いています。元は美顔器として使われていたのが、光脱毛のマシンです。照射してもそこまで激しく痛いとは感じないのが、光脱毛の利点です。出力がとても低いため、何回も脱毛サロンへ通う必要は出てきますが、脱毛の費用も安くて住みます。美容クリニックでの脱毛は、医療レーザー脱毛によるお手入れになります。基本的に医療レーザー脱毛は、照射の時の痛みは強いです。これは医療機器であり、パワーも高いために痛みを感じやすいものです。そのかわり永久脱毛ができますし、痛みに関しては麻酔が利用できます。

クリニックもオススメ?脱毛を始めるならいつから?

フルーツ02 ミョウガ脱毛を始めるにあたって良いタイミングがあります。それは秋から冬にかけてです。脱毛というと薄着になる春から夏に気になり始めますが、春から夏の季節は紫外線が強く、脱毛を行う際に大敵な肌環境でもあります。メラニンを多く含んだ肌では施術自体をお断りするサロンやクリニックも多く、常に日焼けに気にする春から夏においては開始するには不適切な時期でもあると言えます。
秋から冬に脱毛を開始するにあたって紫外線以外に適している理由がもう一つあります。脱毛自体は1回ではムダ毛が処理されないので成長期に合わせて2か月から3か月おきの来店を進めるサロンやクリニックが多いので、個人差もありますが、5回から6回通う事でほぼムダ毛も気にならなくなる程度にはなります。この為、秋から通い始める事によって、5回から6回にあたる時期は夏頃になる為、来シーズンの夏あたりには露出しても恥ずかしくない肌を手に入れる事が出来ます。また、秋から冬にかけては長袖等で肌を覆う機会が多い為、日焼け対策を春や夏程意識しなくても良いといった事も挙げられます。
さらに、春から夏にかけてムダ毛を気にして来店するお客様が増える為、秋頃から顧客獲得の為にお店側も料金を見直して安く始めれる可能性も高いです。