頭にすっぱいものを思い浮かべて唾液を分泌させる方法

戦国時代の武将は梅干しを利用して唾液を分泌させることで、喉の渇きを癒していました。現代人もすっぱいものを連想すれば、口の渇きがなくなります。すっぱいものは、五行論の思想では五味の一つに分類されます。酸味には固渋や収斂の作用があり、多汗を抑えることができます。

梅干しに殺菌作用があることは有名であり、昔からお弁当に欠かせないものでした。梅干しを入れるだけでは不十分な場合には、霧吹きで梅酢を弁当箱に付着させれば殺菌作用が強くなります。移動先で梅干しがなかった場合には、戦国武将を見習って連想すればいいのです。日本人には梅干しがすっぱいものという認識があるため、考えるだけで唾液が分泌されます。連想するときのコツは、昔ながらの梅干しを思い浮かべることです。減塩では酸味が弱いですが、塩の結晶が吹き出た梅干しであれば、極めて強烈な酸味があります。昔の梅干しを食べたことがあれば、有効な方法となります。

すっぱいものを思い浮かべて唾液を分泌させれば、口内を洗浄して虫歯を予防することもできます。唾液が少ない症状がある場合には、ドライマウスという状態であることを意味します。正常であれば良いのですが、口渇きがひどい場合には医療機関で診察を受けることも大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。