銀のスプーンを舐めると口臭がなくなるって本当?

揮発性硫黄化合物は口臭の素となる一つの物質です。
揮発性硫黄化合物は、銀に反応します。
銀に反応することで別の物質へと変化する可能性があります。
別の物質になってしまえば、口臭が消える可能性があると言えます。
外で自分の口臭に気が付いた時の口臭を抑える方法として、銀のスプーンを舐めるという方法があります。
他人に気づかれることなく口臭対策をすることが出来ます。
口臭対策としては、一番は口の中の乾燥を防ぐことです。
唾液を分泌することで大幅な口臭予防ができます。
唾液には殺菌効果がありますし、水分はにおいを吸収してくれます。
唾液の分泌方法をいくつかご紹介します。
唾液が少ないと感じたら、舌を唇と歯の間に入れて回転させます。
顔のストレッチにもなり、唾液も沢山分泌されます。
食事中は、咀嚼も出来るだけ多く咀嚼した方が唾液が多くなります。
人前で出来る方法は、”笑顔”です。
口角を上にあげることで、唾液を分泌するツボを刺激することが出来ます。
口臭は人に不快感を与えてしまいますが、笑顔になると口臭を防げる上に人へ与える印象まで良くなってしまいます。
唾液が多いと、虫歯予防にも繋がり健康的な体になります。
口臭予防に銀のスプーンと、唾液の分泌ということを豆知識として知っておくと役に立ちます。

コメント

コメントを受け付けておりません。