鼻呼吸を身につけて口臭を解消しよう

呼吸は本来、鼻呼吸が基本ですが、風邪や鼻の病気などをきっかけにして口呼吸になる場合があります。ただ口呼吸はアレルギーを引き起こしたり、睡眠時無呼吸症候群になったりと、命の危険を伴うことにもなりかねません。
人間は本来鼻呼吸をし、鼻からの空気が足りない場合に口からの空気を利用します。ただ鼻づまりやクセなどで口で呼吸する割合が高まってくると、より多くの空気を取り込める口呼吸が中心となってしまいます。
口呼吸を行うと、いつも口が開いているので、口の中が乾燥してしまいます。歯は唾液によって虫歯を防いでいますが、乾燥し唾液がない状態では、すぐに虫歯になってしまいます。
また口の中というのは、細菌が多く、歯茎も唾液の殺菌作用によって洗い流されています。これが口呼吸によって歯茎が乾燥すると、歯周病になる可能性が高くなります。
その他にも、口臭が強くなる場合があります。
口臭の原因は口の中にある細菌です。鼻呼吸の場合、唾液の殺菌作用によって細菌は抑えられています。それが唾液の分泌量が減ることで細菌の量が増え、口臭が強くなってしまいます。口の中で生息している細菌は、古くなった細胞や食べかすに含まれるタンパク質を分解し、においの元である硫化水素などの硫酸化合物を発生し、口臭を生じさせます。口臭は現代社会では、スメルハラスメントと言われ、社会問題にもなりつつあります。口臭の原因を知って、鼻呼吸で健康なライフスタイルを維持しましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。