医療脱毛について

医療脱毛とは、病院やクリニックの皮膚科で行われる脱毛法で、医療用のハリを使ったニードル脱毛と、医療用のレーザーを使用した医療レーザー脱毛があります。
ニードル脱毛は、針をムダ毛に沿って刺し入れて微電流を流して、毛を作る働きがある毛母細胞を焼き切る方法で、一本一本しっかり目視しながら脱毛を行うので、効果がたいへん高く二度とムダ毛が生えてくることがありません。しかし毛穴にハリを刺す時と電流を流す際に、非常に強い痛みが生じるために、途中で脱毛を諦める人が少なくありません。
最近主流の医療レーザー脱毛は、ニードル脱毛と比べると痛みがかなり楽になり、広い範囲の脱毛が一度にできるので、施術にかかる時間も短くて済むのでたいへんおすすめの脱毛法です。レーザーが毛の黒色メラニン色素に反応して熱を出し、毛母細胞にダメージを与えるのですが、メラニン色素にのみ反応するので周辺の皮膚には影響をほとんど与えなために、非常に安全性が高いことでも知られています。
エステやサロンで行われる脱毛と比較すると、より出力の高いレーザーが使用されるので脱毛効果が高くなりますし、万が一軽い火傷や赤みなどの肌トラブルが起こった場合でも、すぐに医師による治療が受けられ薬が処方してもらえるので安心です。

コメント

コメントを受け付けておりません。