花粉で肌荒れしたときのメイク

花粉で肌があれた時に化粧をしない人がいますが逆効果になってしまいます。アレルギーがひどくても最低限のメイクでトラブルを極力抑えることができます。

アレルギーの症状に鼻水、鼻づまり、くしゃみ、痒み、化粧ノリが悪いなどがあります。目の周辺や鼻の下あたりに湿疹が起こることもあります。その時期になると鼻や目をこすることが多くその摩擦で皮膚にダメージを引き起こしたりします。それで肌トラブルがあるとメイクしない方が荒れを悪化させないと考えるかもしれませんが、最低限のものだけはメイクするようにしたほうが保護になります。

紫外線からの影響やアレルギー物質、ホコリなどが直接皮膚に付着すると荒れを引き起こしてしまいます。ですので、アレルギー物質が直接皮膚につかないようにするために、日焼け止めとパウダーファンデーションぐらいは最低限行うようにすることで皮膚を保護することができます。

また、アレルギー症状がある時には皮膚のバリア機能が低下していることが多いので、皮膚に負担が少ないクレンジングで洗うようにしたり、外出から帰ったらすぐにアレルギー物質を落とすことや、洗顔をしたら刺激の少ない化粧水で保湿するように心がけることも肝要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。