筋肉痛になる理由

筋肉をつけるために筋トレを始めたけれど筋肉痛になってイヤになってしまった、と言う経験をする人は多くいると思われます。
筋肉痛が起こる理由としては、疲労物質である乳酸菌が筋肉に蓄積される、普段動かしていない筋肉を急に使ったりすることによって筋肉を構成する筋繊維やその周辺の組織にダメージを受けて炎症を起こした状態になっているなどが考えられます。
このような筋肉の痛みを早く治すためには、筋肉を使った後はその使った部分を軽く揉み解したり、マッサージを行なうことによって血液循環を良くする、運動後に軽い運動を行なって血流を促進させるクールダウンを行なう、ストレッチで筋肉の緊張を取り除き、痛みがあれば炎症を起こしているため冷湿布を使って炎症を抑え、関節痛や腰痛などの慢性的な痛みには温湿布で温めると効果的です。シャワーを浴びる時も、冷やして血流を抑えて痛みを軽減させ、お風呂に入って血行を良くすることで疲労を緩和することができます。
また、ビタミンB1は疲労回復に効果があり、疲労物質である乳酸を溜めないためにはクエン酸が有効です。筋肉を補修するためにはたんぱく質を意識して摂取することも良いとされています。
筋肉を修復するには食べ物のほかしっかり睡眠をとることも重要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。