酵素に含まれている成分

酵素とは人間が生きていく上で必要不可欠な成分であり、体内で合成されるたんぱく質の1種です。実に3000種類以上あるといわれている酵素の成分は、それそれに働きや効能が異なるといいます。酵素は消化酵素と代謝酵素に分けることができ、ダイエット効果や健康への様々な効果が期待できるとされています。消化酵素はキャベツなどの野菜や、キウイやパパイヤなどの果物に豊富に含まれています。一方代謝酵素は味噌や漬物などの発酵食品に多く含まれます。とんかつ定食にキャベツの千切りがセットになっていたり、焼魚に大根おろしが添えられているのは、油っこい食事を消化酵素の力で負担を軽減させるための原理です。消化酵素の成分には胃もたれを軽減する効果が期待できるためです。その他にも胃腸の働きを活性化させたり、消化不全を予防するなど様々な効能があります。また代謝酵素の成分は体内の基礎代謝量を向上させる作用があるので、ダイエットや減量などに非常に効果的とされています。さらに代謝酵素にはお肌の新陳代謝を促進する効能もあるので、様々な肌トラブルを改善し美肌へ近づく働きも期待できます。酵素を意識して摂取するには普段の食べ物の内容を、酵素量の多い野菜や果物を積極的に食べる事でその効果が得られるといえるでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。