酵素と酵母、それぞれの特徴

酵素と酵母とはどちらも健康や美容に非常に良いものですが、どのような違いがあるのでしょうか。酵素とは簡単に言うと体内で様々な化学反応を促進しているタンパク質です。例えば食べ物を吸収したり、筋肉を動かしたり、不要な物を排泄したりする機能は体内での化学反応によって引き起こされています。この化学反応をスムーズに正常なサイクルで行う手助けをするのが酵素です。その数は実に3000種類以上ともいわれ、それぞれに役割を持ち生命活動を支えているのです。その効能は実に多岐にわたっています。体内の栄養を摂り込みやすくして、便秘の解消にも作用します。また美肌効果やダイエット効果も期待できるといいます。さらに自律神経のバランスを整えて健康な体へ導いてくれるといいます。対して酵母とは目には見えない微細な生き物です。非常に小さな微生物で土や水・花や果実など実に様々な所に存在しています。酵母には人間にとって必要なタンパク質やビタミン群・アミノ酸やミネラルなどの栄養素を豊富に配合しています。食べ物に含まれる糖をアルコールと炭酸に分解しながら分裂し成長していきます。この工程が発酵といわれる作用です。パンやビールや味噌など発酵を必要とする食品を作る際に、なくてはならない存在なのです。このようにこの2つは名前も似ていますが、全く異なる働きをしていることが分かります。

コメント

コメントを受け付けておりません。