酵素ってどんなもの?

酵素とは人間が生命活動を行うにあたって無くてはならない物質で、分泌される器官によって様々な役割を果たすことで知られています。その中でも代表的な役割を二つ挙げるのでならばそれは消化と代謝に尽きるでしょう。消化とは口から摂取した食物や水分を各消化器官で酵素を用いて分解、吸収し、次なる消化器官へと送りだす助けをします。もしもこれが不足すると食べたものがなかなか消化できずにその場に留まり、栄養分が摂取できなかったり、内臓脂肪化する恐れも生じます。

もう一方の役割として知られるのが代謝酵素です。これは栄養分を身体の細部にまで行き渡らせ、なおかつ身体のあらゆる器官や細胞が老廃物や不純物などを的確に外側へと排出していく助けとなる役割のこと。これがままならなくなると身体の新陳代謝が滞り、栄養の吸収や老廃物の排出が進まないことから外部から侵入した細菌などにも素早く対処できずに身体の免疫力も一気に弱まります。

人間の身体の中で生成される酵素の量は決まっており、それは加齢によって段々と少なくなっていきます。そうした中で人は消化と代謝、その他の役割のために酵素を無駄遣いすることなく大事に使っていかなければならないのです。前の晩の飲み過ぎや食べ過ぎが災いして過度な消化を余儀なくされ、そのため代謝にまで分量が回らずに身体を壊しやすくなるケースもありますので注意が必要です。もしも身体の中の必要量が不足しているのであればドリンクや食物などで的確に補ってあげるのが望ましいでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。