口臭の原因について知ろう

口臭は口の中の状態でしだいで変わります。生理的口臭といってもともと口の臭いは誰にでもありあます。食事をとれば食べかすがたまり、それが原因で臭いを発しますが唾液には抗菌作用がありますので口臭は抑えられています。しかし起床時や空腹時また緊張時などは分泌する唾液の量が減るため、口臭の原因である細菌が増えVSCが多くつくられてしまうためです。食べ物が原因の場合もあります。ニンニクがその代表です。これはニンニクの成分が体内で分解されて血液に入って、呼吸するとき外に排出されるからです。また食べたばかりだと胃にニンニクが残っていますので、その臭いが息とともに排出されます。また舌苔といって舌の隙間に細菌がたまり、舌が白くなってしまう場合もあります。このたまった細菌が臭いを発します。
もう一つの原因は病的口臭といって歯周病や虫歯やによる場合です。歯周病は歯周ポケットとよばれる歯と歯茎の間にある溝に細菌が繁殖して臭いを発します。また出血とともに膿も出てきますので、臭いが強くなってしまいます。虫歯の場合ですと、虫歯菌によって歯に空洞ができると食べかすがたまりやすくなりますので、そこに細菌が繁殖して歯垢がたまって臭いを発します。

コメント

コメントを受け付けておりません。