もしかして、間違った洗顔をしていませんか?知っておきたい正しい洗顔方法のコツ

正しく洗顔をする為にはまず洗顔ソープで泡をしっかりと作ることです。泡が少ない場合ですと肌への摩擦が強くなってしまうことがありますし、摩擦を与えるような洗い方は良くありません。顔の皮膚は薄く刺激に強くありませんので、泡を十分に作った状態で洗顔を行った方が肌への負担を抑えることができます。
1日に何度も洗うのも良くありません。洗い過ぎてしまうことによって肌への負担になりますし、必要な皮脂まで奪ってしまうと肌が弱くなったり、あるいは肌を守る為に過剰に皮脂が出てしまうことにも繋がります。基本的には洗顔は1日2回、そして肌が乾燥気味の場合なら1日1回でも十分とされていますので、回数には気を配った方が良いと言えます。
洗う時間にも注意が必要であり、時間を掛けてしまうのも良くないとされているのです。時間を掛ければ掛けるほど必要な皮脂まで奪ってしまいますし、摩擦によって肌へのダメージにもなります。時間としては大体20秒~30秒程度でも良い為、何分も洗うようなことは避けた方が無難です。
温度設定にも気を配った方が良いと言えますが、基本はぬるま湯で洗うことです。温度が高いと乾燥を招く原因になりますので、人肌程度の温度に設定してから洗うようにした方が肌に優しいと言えます。

コメント

コメントを受け付けておりません。