脂肪と筋肉の関係性

人体を構成する組織の中に筋肉と脂肪があります。それぞれは神経や内臓などを保護する働きがあり、どちらも大切な組織です。しかし筋量が多い分には問題がありませんが、脂肪が多い分には生活習慣病や生活習慣の乱れなど様々な弊害を生じかねません。また見た目で判断できる場合もあれば判断できないようなわかりにくい場合もあります。そのため、筋肉と脂肪の関係性を把握しておく必要があります。
脂肪は筋肉の上に乗るような形で存在しており、痩せることで見た目も良くなってきます。しかし太るほどに体積も大きくなるため見た目としては悪くなってしまいます。また脂肪はエネルギー消費に伴い燃焼されるので、鍛えたり運動して積極的に金活動を行うと自然と痩せていきます。また二つの質量に関して、重さの比重として筋肉の方が重い組織となっています。そのため、運動して体重が増えてもそれは筋量が増加したことで体重自体も増えたという結果になります。この関係性を知っておかないと体重の増減が何によって起こっているのかを分析することが出来ないため、痩せる方向に向かっているのに過度なダイエットをしてしまうといった事態にも繋がりかねません。そのため、二つの関係性を把握しておくことが大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。