失敗:脱毛中の普段の肌ケアについて

脱毛はエステや医療機関などにお願いしてやってもらう事が多いですが、自宅で行うのとは違って時間が掛かります。
これは新しく無駄毛が生えてくるのを抑えるための方法であり、継続して少しずつ脱毛していくことで効果が高くなります。
継続期間や頻度はサロンによっても多少の違いがありますが、1回目の脱毛から2回目までは1ヶ月ほど空くのが一般的です。
この期間は自宅で肌ケアをする必要があります。
普段のケアでは化粧水、乳液、クリームといった一般的なスキンケアアイテムを使用しているという人がほとんどですが、脱毛期間中はより保湿力を上げるものを使うとよいでしょう。
脱毛した部分が乾燥してしまうと、赤みが強くなったりかぶれたりする事があります。
そうなると脱毛が失敗に終わってしまう可能性もありますし、せっかくきれいになるためにやっているのに意味がなくなってしまいます。
いつも以上に保湿をきらさないように努力しましょう。
しかし保湿と湿りは少し違います。
汗が出てその水分をそのままにしておくと、確かに乾燥は防げるかもしれませんが、衛生的なトラブルの原因となってしまいます。
常に清潔な状態で、程よい水分を保っておく事にポイントを置いて意識したケアを行っていきましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。