強い臭いの食べ物が原因の口臭とは?

食べると口臭が気になる食べ物の代表に、ニンニク、ネギ、ニラがあります。
これらの食べ物には共通して「アリシン」という成分が豊富に含まれています。アリシンは疲労回復に必要なビタミンB1の吸収を助けたり、代謝を促すなど、人体にとって大変有用な成分ですが、傷つけられたり砕かれたりするほど強い臭いを発する性質があります。これらの野菜を切った時点で組織が破壊されるので臭いが発生しますが、口の中で噛み砕かれすりつぶされることによってより強い臭いが発生します。
アリシンは体内にはいるとアリルメルカプタンという更に強い臭いを持つ成分に分解されます。食後に強い悪臭となるのはこのためです。この成分はまだ胃の中にある状態から発せられるだけでなく、血液中に移動し、肺を通って呼気として排出されます。呼気だけでなく、汗や尿などを通しても体外へ排出されるため、全身からアリルメルカプタン特有の強い匂いが放出されます。
納豆やチーズなどは口の中に臭いが残ることが口臭の原因となりますが、ニンニクやネギ等の場合は体内に入ってからニオイ成分が呼気等に混じって排出されるため、息自体が臭います。体内で分解される時に臭いを発生させる食品の場合、臭い成分を分解させる食品との食べ合わせで消臭効果を図ることが出来ます。マッシュルームや緑茶、青汁やリンゴ、パイナップル等に効果が認められており、特に牛乳は食前食後に飲むことで効果があります。
食前に牛乳を飲むと胃の内側に膜を張った状態になり、胃に臭いがこびりつきにくくなるためで、食後に飲む牛乳は、牛乳に含まれるタンパク質が体内に入ったアリシンをくるむ作用があるためと言われています。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。